社会人2年目の年収(源泉徴収)を公開する

広告
Pocket

こんにちは。使徒です。

昨日、源泉徴収をいただいたのでまた公開したいと思います。

以前、1年目の源泉徴収(年収)を公開するという記事を投稿しました。

去年の私の年収は294万円でしたね。そこからいくら年収は上昇したのでしょうか。

社会人2年目の年収

では、源泉徴収を公開します。

526

増加率

 年収294万円⇨年収526万円

約1.8倍の年収増加です。

「めちゃくちゃ年収が増加した!」と一瞬錯覚に陥った皆さん。

落ち着いてください。

1年目があまりに少なかっただけです。

1年で年収が1.8倍になることなんてこれからはあり得ないでしょう。

以下に1年目がお金を貰えないかという事実がわかったと思います。

実質年収

この額面 526万円に加えて、私には

(家賃補助7万円×12ヵ月=84万円)

が会社から支給されています。84万円を年収に追加して

実質年収は社会人2年目で

610万円

ということになりますね。

日本国民で年収600万円を超えているのは、人口の20%前後だそうですね。

まあ、2年目でこれだけ貰えたら文句はないです。

まとめ

はい。まとめますね。

  • 社会人2年目の年収は526万円。
  • 増加率は約1.8倍で
  • 実質年収は610万円

という結果になりました。まあ、妥当なところですかね。

 1年目の年収があまりに低かったので、今回は年収増加率が約1.8倍という驚異の数字になりました。2年目以降からは緩やかな増加率となっていきます。

3年目の先輩に聞いたら、今年の年収は540万円だったそうです。しばらくは地道に頑張っていくしかないですね。

 しかし、30歳を節目に年収の増加率もまた上がっていきます。

もちろん、大きなアウトプットを出した人ほど増加率は大きくなりますが、何もアウトプットを出さない人でも30代になると勝手に大きく上昇するようです。

やってもやらなくても賃金上昇率がさほど変わらないなら無気力な人が増えるのも仕方ないな。

「THE年功序列賃金制の弊害」という感じですね。

今回はこんなところです。では。

Pocket

広告