大企業の必須スキル。ひいきをしてもらえる人の特徴

広告
Pocket

 こんにちは、使徒です。

あなたの周りにはひいきされる人というのはいませんか?

 以前の記事「大企業の奇妙な人事評価」にも記述の通り、大企業で上司にひいきされると最短&最速で出世への階段を登る事ができるので「ひいきされる力」は大企業での必須スキルといえます。

そんなひいきされる人には共通の特徴があります。

 今回の記事で紹介する「ひいきをしてもらえる人の特徴」を理解し、実践するとあなたの「ひいきされる力」は上がり、出世への近道となるでしょう。

 この記事では、ひいきされる人の4つの特徴について仕事を例にしてまとめてみました。

ひいきされる人の特徴

 では、早速ひいきされる人の特徴について記述していきます。

①素直な性格の人

えこひいきしてもらえる人の特徴として一番多いのが

「素直な性格の人」。

人間誰しも素直な人には無条件で好感を持ちますよね。

 新入社員の頃は仕事で分からないことがあったらすぐに上司や先輩に質問できましたが、入社して数年も経つと

「今更こんな質問をしたらバカにされる」

と思ってそのままにしてしまう人がいます。

 そんな中で「すみません、今更ながら質問してもよろしいでしょうか」

と言える人は、上司から見て可愛いと思うものです。

そういう性格の社員はいざという時にひいきして貰えます。

 自分が扱い易い人は仕事を任せても楽ですので、誰に振るべきか分からない仕事を依頼する対象として真っ先に名前が浮かんでくるのです。

私は素直じゃないので不明点があれば上司に聞く前にググりますが。

これはめっちゃ損

②気が利く人

何かと気が利く人は側に置いておけば便利なので、ひいきされ易くなります。

 雑用的なことを進んでこなし、自分の用事プラスひと手間かける人は上司から好かれます。

 具体的には備品をきちんと管理して故障していたり不具合があるものは修理に出しておいたり、コピー用紙がなければすぐに補充するなど部署内でスムーズに仕事が回る様に気配りができる人です。

 また、飲み会でも上司のお酒を積極的に注いで追加注文をするなど業務外でも小さな気配りができる人は大変重宝されるでしょう。

 特に上司がトラブルで大変な時に「何か手伝うことはありますか」と声をかけるのは非常に有効です。

 普通の社員なら自分の仕事を引き伸ばして関わらない様にするのですが、そんな時に進んで手伝ってくれる様な人は評価が高くなります。

 その社員が有事の際は、逆に助け船を出してあげたり、配置換えがある時には責任ある仕事を任せようと考えてくれるのです。

 そうして上司から高い期待を獲得した社員は、ひいきを受けやすくなります。

 私は尊敬する人にしか気配りをしません。社会人1年目時代の飲み会の時に「俺のグラス空いてるんだけど?」と老害支店長に言われ、「ころすぞ排泄物」と脳内で10回詠唱した後に不快な表情でお酒を注いでましたが。

これもめっちゃ損

③上司と性格が似ている人

上司といっても人間。様々なタイプの人がいます。

「バリバリと仕事ができるキャリア偏重タイプの上司」や「のんびりとしていてお世辞にも有能とはいえないが人柄が素晴らしい上司」など正反対の上司と仕事をする機会もあるでしょう。

前者のタイプの場合はやはり仕事が出来る部下をえこひいきするものです。

一方で後者のタイプの場合は、同様に鈍感だが人柄が良い部下をひいきする事もあります。

 人間というものは自分と似た様な性格をしている人には無条件に好感を抱いてしまうものです。自分と性格が似ていれば、仕事の覚え方や感覚的なことも類似しているので教え易くなります。

 コミュニケーションも取り易く、多少きついことを言っても理解して貰える筈だと安心していられるのです。


 今の上司と私は性格が非常に似ていると感じます。

私は全ての価値判断の中で、「面白さ」を至高の基準にしています。

 たとえ親族の死をいじられても、それが面白ければ万事OKです。

 偏った価値観なので似た人種とはあまり合わないのですが、現在の上司は私のこうした価値観に通ずるものがあり非常に波長があいます。

管理職としては「面白さより営業数字」にこだわるべきなのですが、日頃から

「営業数字より面白いことをして欲しい」と私に懇願してきます。非常に高く評価してもらっている気がします。

これはめっちゃ得。

④見た目がいい人

 クソ暴論ですが、純然たる事実。世界は残酷なのです。

特に男性が上司の場合、やはり女性の部下で見た目の良い人はひいきされがちです。見た目が劣る女性と比較して、少し努力をしただけでも大きく評価されることもあります。

 わかりますよ。嫉妬で狂いそうになりますよね。

 しかし、「イケメン&美女は得をする」というのは人間の本能によるものであり、否定することのできない究極原則なのです。

 実際に私の会社の本社の人間は容姿の優れた人間が多いですし、綺麗な女性・イケメンの男性は通常とは違う選考ルートで入社してきたりします。

“持たざる者”として生まれてきた人間は精一杯努力するしかありません。

 ただ、努力により改善できる余地は大いにあると思います。

 女性なら自分にあったメイクをして清潔感を保つ、男性なら筋トレをして身体を鍛え何事にも動じない胆力を鍛える等の余地があります。

「生まれながらに容姿がいい人間が自分の基礎能力を過信し、努力してきたもの打倒される」事例も往々にしてありますので、努力を怠ってはいけません。

 私も中の下の顔面を保持しており調子の悪い時は岡崎体育のような容姿をしていますが、活力溢れるオーラを演出するため週3回の筋トレを実践しています。

まとめ

以下にひいきを受けやすい人の特徴のまとめます。

  • 素直な人
  • 気が利く人
  • 上司と性格が似ている人
  • 見た目がいい人(暴論)

 こんな感じです。私の1年上の先輩にこれら全ての要件を満たす完璧な人がいます。最近まで生来の性質としてこれらが備わっている人なのかと思っていました。しかし、本人曰く出世のため意図的に自己演出をしている側面もあるそうです。やはり出世のためには我慢は不可欠なのだと実感しました。

きっと私は出世のために自分を捨ててまで我慢をする事はできないのだろうな。

では。

Pocket

広告