ホワイト企業あるある③

広告
Pocket

こんにちは。使徒です。

台風で何もやることがないので適当に投稿したいと思います。

 今回もホワイト企業あるあるです。

前回記事はこちら⇨ホワイト企業あるある②

①災害時は出社控えがち

 2019年10月12日現在、関東地方に台風19号が接近していますね。

 メディアでは「地球観測史上、最大級の台風」などと称されています。

 台風とはほとんど縁のない北海道から上京してきた私にとって「地球観測史上、最大級」などと報道されると非常に不安を煽られました。それと同時に、この報道により俄かに示唆された「地球誕生以来、46億年間台風を観測し続けている存在」に対して、台風の存在以上に恐怖を感じました。

 災害時の企業の対応を見ると、その企業がホワイト企業か否かが何となく判断できると思います。

  今回の台風19号をうけても尚、飲食店グループ「モンテローザ」は社員に出社命令を出しました。

モンテローザグループの飲食店

 また、休みが不定休で土日も出勤の場合が多い不動産系の業種の方も通常通り出勤している場合が多いです。

 私が勤めているクソホワイトメーカー企業では当然「全社員自宅待機」です。私も今週日曜日に仕事がありましたが、自宅待機を命じられ出勤する必要はなくなりました。

 また、1ヶ月前の台風15号の際も超絶過保護な対応をしてくれました。

台風が通過した後日、普通に30分遅刻しただけなのに上司の支店長が

「大丈夫だったかい?定時出社時間との差分はしっかり会社から補填出るから安心していいから。しっかり申請だけ挙げといて」

と言われました。神かよ。俺、スマブラしてただけだぞ。

②サービス残業キレられがち

 ホワイト企業は「労務環境がクリーンである」という自負があるため、その環境の維持に努めます。人事労務の方曰く、社員全体の残業時間が一定の水準値で定められていて、それを超えないように社員を管理しないといけないようです。

 なので、残業は基本「悪」です。そして残業をしたとしても、必ず残業手当が出ます。サービス残業などは言語道断なのです。

 先日、私が働いているオフィスに本社の商品企画の方々きて、新商品について概説した後、そのまま懇親会をしました。懇親会といっても、ピザとからあげクンを食べながら1時間程度の雑談をしただけです。

その懇親会にも残業手当はつきましたからね。謎

③20代でも結婚しがち

 20代でも結婚している社員がたくさんいます。

「収入が安定している」

「休みがしっかり取れるので安心して子育てができる」

「会社制度としての子育て支援が豊富」

など様々なプラスの要因が関係しているからでしょう。

 私の1年上の3年目社員の先輩方は4人中3人は結婚or婚約のいずれかを既に経験しています。

 私自身は24歳でまだ結婚を焦る年齢ではありません。

「4人中3人が婚約or結婚をしている1歳年上なだけの先輩達」と

「彼女すらいない自分」という対比に若干の焦燥感を感じますね。

 先日ほぼ確実に付き合えると見込んでいた女の子がいて、同棲を想定しセミダブルベットを購入しました。instagram等で最近よく広告が表示されるコアラマットレスというサイトで購入しました。80000円です。

 付き合えませんでした。なので今ベットがくそ広いです。クソ快眠です。

 なぜなら「セミダブルベットで1人」だからです。「シングルベットで2人」じゃないですよ。それはつんく♂なんで。

逆つんく♂です。セミダブルベットで1人。

 こんな感じで20代の若いうちから結婚に対して謎の焦燥感にかられるのもホワイト企業あるあるなのかもしれません。

まとめ

今回は以上です。

  • 災害時は出社控えがち
  • サービス残業キレられがち
  • 20代でも結婚しがち

第3弾はこんな感じでした。

皆さん台風には気をつけてください。

では

Pocket

広告