社会人1年目の年収(源泉徴収)を公開する

広告
Pocket

こんばんは。使徒です。

 年明けで最近めちゃくちゃ暇です。全く仕事をしていません。やることがありません。最近やることがないと逆に発狂しそうになりますので適度な忙しさが一番大切であることを悟りました。

 そんな中で先日、上司から源泉徴収表をいただきました。今日は新卒1年目大企業メーカー社員の1年間の源泉徴収を公開したいと思います。「年収」ってやつですね。

2946727円

 「年収300万以下ってカスだな。」

 こう思った方は素直で普通の反応だと思います。私も最初見たときは想定してたよりめちゃくちゃ少ないと思いました。300万〜400万くらいはもらえてると思ってたので少し落胆しました。まあこのバイトレベルの仕事量からすれば十分な額だとは思いますが。

 でもよく考えたら、この2946727円という額はそんなに低くない事に気付きました。

 私は4月入社なので、源泉徴収票には1月〜3月分の所得が換算されてません。3ヶ月間なので大体22万円×3=66万円分くらいですかね。

 また、私の働いてる会社は年2回の賞与、つまりボーナスがありますが1年目は1度しかもらえません。それも通常のボーナス1回分の50%くらいの額です。簡単に説明すると、私の会社は6月に前年の7月〜12月分の賞与が、そして12月に前年の1月〜6月分の賞与がそれぞれ付与されます。

 「前年度の半期分の賞与」がそれぞれ夏(6月)と冬(12月)にボーナスとして付与されるんですね。変わった制度だななんて思っていたら、意外とこういう会社多いみたいです。

 なので、私は4月から12月までしか働いてないので、12月に賞与はもらいましたが4月〜6月分の通常の賞与額の半額程度しかもらいませんでした。

 なので純粋に

290万円+給料3ヶ月分(66万円)+1.5回分の賞与(私の場合80万円ほど)

と考えたら来年は年収400万円〜500万円くらいはいくっぽいです。

 まあ、そんな感じですね。年収1000万円の壁はなかなか高いみたいですが、コツコツ頑張っていきたいです。

皆さんも入社1年目ではじめて源泉徴収票をもらった時は「こんなに低いんだ、、、」と落ち込む事なく頑張って下さい。1年目なんてそんなもんだと思います。

では。

Pocket

広告