昇進しました

広告
Pocket

みなさん、あけましておめでとうございます。

新年一発目の投稿は私の昇進についてです。私が働いている会社では

1月1日、4月1日、10月1日は「異動&昇進」の辞令が出るいわゆる「内示発令日」となっております。

この度私は1月1日をもって1階級昇進いたしました。

昇進に当たっての待遇等の変化について今回は話していきたいと思います。

昇進によって起きた変化

①昇給

はい、来ました。社会人初昇給です。

2018年12月時点では208000円

だった基本給が2019年1月1日付けで228000円に増加しました。

これでもっと欲しいものがたくさん買えると思いました。

しかし、社会人2年目からは1年目時代になかった「地方税の納付」の義務が生じ給与差し引きが増えるので、実質1年目時代より手取り金額は減ります。

ゴッミ〜★

②アシスタント獲得

昇進したことにより自分の担当の営業エリアを持つことになりました。

そこでの営業数字をあげるため、自業務を補佐するアシスタントがつきました。

パートのババアです。パートのババアとはいえ扱いは「部下」になります。

53歳です。圧倒的クソババアです。アームドドラゴンLv.3のような見た目をしてます。

まじで全く仕事できないです。指示をよく忘れます。仕事に対する向上心もありません。なぜならパートのババアだからです。見た目もしんどいです。アームドドラゴンLv.3だからです。Lv.5やLv.7もしくはLv.10ならかっこいいですが、Lv.3です。しゃくれていますので、顔はとても美しいとは形容できません。

しかし将来さらに出世した場合、向上心のない部下を持つことは容易に想定できます。その際、部下に発破をかけやる気にさせる能力というのは必須スキルとなるでしょう。

そのため今のうちから、やる気のない人間の動機付けをコントロールし、最大限の成果を発揮させていく練習をすることはとても意義のあることだと私は考えております。

私はアームドドラゴンLv.3でその練習をしていきたいと思います。

③仕事量の増加

まあ、当然ですが仕事量は若干増加しました。自分の担当エリアを持つということは、そのエリア内のお店については責任を全て持つということなので、それに伴う書類提出や決済関係の処理という仕事が増えます。

しかし、従来までの仕事量がカスすぎただけで増えたといえども、総仕事量は普通の会社の社員が行なっているでろう仕事の2分の1程度のものです。

ゴッミ〜★

まとめ

こんな感じです。まあ早めの昇進できてよかったです。

 昇給により年収が20〜30万円くらいは増えるのかな。今後はこの年収の上がり幅もさらに大きくなっていくはずです。

早く本社に行きたいな。



Pocket

広告