台湾旅行①

広告
Pocket

1ヶ月ぶりですね。

しばらく更新をしていなかったので今から多めに投稿したいと思います。

まずは台湾旅行に行ってきたはなしから。

11/29〜12/3の4日間、会社の有給を使って部活の後輩二人と台湾旅行に行ってきました。

※ホワイト企業なので簡単に2日連続で有給が取得できます。

今回行ったのは

  • 千と千尋の神隠しの舞台として有名な「九份」
  • 温泉で有名な「北投」
  • 台北101という巨大タワーがある台湾の流行の発信地「台北101エリア」

以上の三箇所です。

【九份】

すごく幻想的な雰囲気があり眺めが良かったです。

しかし、とにかく道が狭いし坂が多いので歩くのがしんどかったです。あと、台湾の中でもかなり有名な観光地なので人がめちゃくちゃ多くて人混みが嫌いな人にはオススメしません。

しかもくそ狭い道から、急にバイクが現れて無理矢理に道を天元突破しようする光景がなんども見受けられました。タイ・ベトナムほどのではないにしろイかれてます。

このおっさんこの後クラクション鳴らしました。無理あるだろ

九份は全体的に良かったですが、若干交通アクセスが悪いのが難点です。

台北中心街から地下鉄&バスで45分ほどかかります。特に帰りはバスの本数が少なく人も多かったので大変でした。

※バス停近くではタクシードライバーがめちゃくちゃ営業かけてきます。

通常交通機関利用で600〜700円前後のところを一人2200円で台北市内まで送るというような交渉を持ちかけてきました。

【北投】

北投温泉で有名な場所です。どこに行くか決める事前の話し合いの時に、とても壮大で大きな温泉の画像に3人でテンションが上がり行くことに決めた場所です。

駅に着いてから歩いて30分、見つけました。ここですねここ。

とても綺麗でした。はい。綺麗だったんですね。

温泉に入ろうと思ったらどうやらこの湯気が出ていて美しい温泉は入浴禁止だったようです。完全に無駄足でした。

しかし、どうしても温泉に入りたい体になっていた私たちは、Googleに本当に温泉がないのか尋ねました。すると近くに一応入浴可能な温泉があるようだったので探しました。

一応温泉はありました。そこは水着着用義務の温泉で持ってない場合は1800円(台湾だと結構高い)で購入すれば入浴できるというものでした。後輩二人は歩き疲れて今すぐにでも温泉に浸かりたかったようなので即決で入浴しました。

 私はケチなのと受付のババアの顔面がムカついたので入浴は断固拒否しました。

しかし、私も温泉には入りたかったのです。googleによれば、どうやら近場にもう一つ600円で入浴できる温泉があるようでした。後輩たちの3分の1の値段で入浴できるということで、意気揚々に現地に向かいました。フロントに600円を払うと、そのまま温泉に案内されました。

はい

いざなわれたのはここです。泡吹きました。

【台北101エリア】

最後は台北101エリアです。実は飛行機の日程を間違えてしまって後輩2人は先に帰ってしまいましたので、台北101エリアへは私1人で行きました。

台北101はとてもおおきなビル群に囲まれていて、すごく近代的な街のように見えました。写真のビルは有名な台北101タワーです。

夜になるとこんな感じでライトアップされます

一番の感想は「カップルで来たらすごくよい街」というものです。デパートやスイーツショップなどがたくさんあり、台湾の流行の発信地と言われるのも納得でした。

次回記事に続く

台湾旅行②

Pocket

広告