最高の人事異動

広告
Pocket

最高の人事異動がありました。

私とソリが全く合わない上司が異動になりました。

最高の人事異動

本当に今回は最高すぎる人事異動でした。

この上司、典型的な大企業老害で飲み会を断れば不満を言うし、少しでも意見を表明すれば弾圧してくるし、今までウザ過ぎていなくなってくれないかなと何度も思っていたのですが、めちゃくちゃ高速で私の職場から消え失せてくれました。

どうやら今回の異動で他支店の老害社員も定年でマネジメント職を退いたそうです。人事はどんどんこういうのはやっていって欲しいですね。会社の新陳代謝を上げましょう。あいつらはおしっこですからね。老害はおしっこです。とっとと会社から放出してやらないと会社が汚くなっちゃいますから。

まとめ

本当に今回は人事に感謝です。

そして皆様に伝えたい事があります。

「上司が嫌いでも少し我慢してみよう。転職を安易に考えるのはやめよう。大企業なら必ず人事異動があるよ!」

ということです。今回の人事異動で実感しました。

実は新卒で大きな会社に入ると、1年目の秋くらいの時期にベンチャーやその他中小企業から転職を勧められることがあります。現状の環境に不満を持った新卒をヘッドハンティングするんですね。私も大した人間でもないのに、「大企業に入った人材」という肩書きがあるだけで現在いくつかの企業から声がかかっています。

そうした声を受け、ぼんやりとした不満しかなく、展望もないのに転職してしまう人は毎年ある程度います。転職活動は意義・目的が明確なら絶対にやるべきことですが、そうではなく何となく不満があったり嫌いな上司がいる程度のことならやるべきではありません。

大企業に入れば必ず人事異動があります。自分が職場から離れるか、相手が消える機会は必ず訪れますので、気長に待ってみましょう。

Pocket

広告