会社のクソみたいな1年目発表

広告
Pocket

一週間ぶりの投稿となりました。

先週の月曜日、会社の1年目社員発表会がありました。

この発表会の趣旨は「1年目が先輩社員から、何を学び、それに対してどう考え、どのように行動してきて、今後どうするか」というものを10分以内に営業部長や各支店長の前で発表するというものでした。

発表のため一週間前から資料作成を行い、発表前の金曜日に支店でプレ発表を行い本番に挑みました。

私は全体の発表のフローとして以下のようなものを考えていました。

・先輩と比較して営業職として「数字等を定量的に用いて対話するスキル」というものが不足しる→そのスキルを要請するあり→今後は日々の実績を常に眺めながら数字感を要請→それによって定量的なデータに基づいた対話をお得意様とできるようにしていく

金曜日の支店でのプレ発表で以上のような話をしました。

すると、上司は私の全ての考えを否定してきました。どういうわけかこの発表自体が非常に「生意気」に見えたらしく、1年目が格好をつけて「定量的」などという言葉を用いているようにしか見えないという姿勢で猛烈に責め立ててきました。営業に必要なのはお得意様と真摯に向き合う姿勢だし、それを発表内容に盛り込めということでした。

私も「営業にとってお得意様と真摯に向き合う姿勢」が重要なのはもちろん分かっていましたが、今自分に足りないのは定量的にお得意様に対して対話するスキルだと私は思っているのですが、それを発表してはダメなのですか?」と反論したのですが一蹴されました。そこから「上司が発表してほしい発表」のために内容を大幅に改変し、月曜日の発表に備えました。

私には同じ支社管内に仲のいい同期のHくんがいます。彼も同じ発表会に参加するので、息抜きのため彼の現状をラインで聞いてみました。すると「今、上司に内容大幅に改悪されてるところだわ」と完全に私と同じ状態でした。

やはり大企業なんだなあとそこで実感しました。大企業にいると自分の想いや発表したいことを押し殺して上司に迎合することも時には求められるのだと思います。

「1年目社員発表会」ではなく

「1年目に上司が発表してほしい事を1年目に発表させる会」

だったんですね。このように自分の想いや考えを権力で圧殺されるのが大嫌いな人はベンチャーに行くことをオススメします。大企業にいる限り、これは避けては通れないのだと思いました。

Pocket

広告